会員登録で50pt。リワードプログラム詳細はページ最下部に
メニューを閉じる

カフェインを含まないお茶の利点

健康における利点
|

カフェインを含まないお茶を飲むことの健康上の利点

お茶は私たちの健康に多くの良い効果をもたらすため、世界中で支持されています。しかし、一部の層にとって、カフェインを含むお茶は避けるべきものと考えられています。幸いなことに、カフェインフリーのお茶には、通常のお茶と同じ多くの利点があり、カフェインを含むことによる潜在的な副作用はありません。

なぜカフェインフリーのお茶?

少量のカフェインは有益である可能性がありますが、健康状態や過敏症を理由にカフェインを避けることを選択する人もいます。カフェインには興奮作用があり、過剰に摂取すると、イライラ、不整脈、不安、副腎疲労を引き起こす可能性があります。カフェインは就寝時間近くに摂取すると不眠症を引き起こす可能性があるため、カフェインレスのお茶は夜に飲むのに適しています。

 

Herbal tea in a white cup and saucer on a wooden table
ハーブティー

 

カフェインを含まないティーの健康における利点

一般的に、お茶を飲むことは健康にさまざまな良い影響を与えることが研究で示されています。カフェインレスブレンドも例にもれず、誰でも楽しむことができます。

 

緑茶と紅茶

緑茶と紅茶にはフラボノイドとして知られる化合物が含まれています。ポリフェノールとも呼ばれるカテキンとケルセチンは、最も多く摂取できる2つです。カテキンは、通常の代謝プロセス、ストレス反応、化学物質への曝露に対する反応中にフリーラジカルが私たちの体内で引き起こす細胞損傷と戦うことができる強力な抗酸化物質です。フリーラジカルは不安定な分子であり、早期老化から DNA 損傷まであらゆる原因となる可能性があります。研究は進行中ですが、初期の研究では、お茶に含まれるカテキンがフリーラジカルを安定化し、中和して無害にする働きがあることが示唆されています。

 

ケルセチンは、体内のヒスタミンの生成をブロックすることが知られている強力な抗炎症化合物です。ヒスタミンはアレルギー反応の主要な役割を果たすため、軽度の季節性アレルギーに苦しむ人にはケルセチンを含むお茶が役立つ可能性があります。炎症はほとんどの変性疾患の根本的な問題でもあるため、ケルセチンは心臓病から関節炎まで幅広い健康上の問題に有益である可能性があります。

カテキンとケルセチンのその他の利点には、HDL「善玉」コレステロール値の上昇、動脈内のプラークの蓄積の防止、コレステロールの取り込みの抑止、さらには癌の予防などがあります。

 

Herbal tea and ingredients in a glass mug on a wooden table

 

ハーブティー

ハーブティーは、すべての種類のお茶の製造に使用されるツバキ科の植物から作られるわけではないため、厳密には「お茶」の一種ではありません。また、混乱を避けるために「ティザン」と呼ばれることがよくあります。これらのハーブ、花、スパイスのブレンドにはカフェインが含まれません。美味しさとヘルシーなティーブレンドを提供します。ティザンのハーブや花の成分によっては、病気と闘ったり、変性疾患を予防したりする能力がある可能性があります。

抗酸化物質はほとんどのハーブに含まれており、その多くは薬効を発揮します。カモミールは心を落ち着かせる効果で知られ、ショウガは消化を助けるためによく使用され、甘草の根は喉の痛みに役立ちます。他のハーブブレンドにはさまざまな程度の健康上の利点があり、それぞれのティザンは、そのカップ一杯に独特の風味、香り、特徴をもたらします。


注: これらの記述は食品医薬品局によって評価されたものではありません。また、この製品は、病気の診断、治療、治癒、予防を目的としたものではありません。

コメント

コメントは公開する前に承認する必要があることに注意してください

お客様の買い物かご