会員登録で50pt。リワードプログラム詳細はページ最下部に
メニューを閉じる

お茶にはどのくらいのカフェインが入っているの?

お茶の種類
|

お茶について話すとき、私たちは 1 つのことだけを指しているわけではありません。実際、お茶は主に紅茶、緑茶、白茶、烏龍茶、ハーブティザン(ハーブティー)の 5 種類に分類できます。ハーブティーを除いて、すべてのお茶はカメリアシネンシスという植物の葉から作られており、私たちが飲むお茶の種類は葉がどのように加工されたかによって異なります。では、お茶にはどれくらいのカフェインが含まれているのでしょうか?ぜひ読んで、さまざまな楽しみ方の微妙な違いを学んでください。

 

Herbal tea in a glass teapot with herbs all around

ハーブティーは花、果物、ハーブ、スパイスをブレンドしたもので、茶葉やカフェインは含まれません。


お茶の種類別のカフェインレベル

紅茶は成熟した葉を発酵または酸化させ、収穫後に乾燥させて揉んで作られます。緑茶は若い葉を熱して、発酵させずに酸化させ、乾燥させ、揉んで作られます。白茶も若い葉から作られ、緑茶と同じプロセスを経ますが、1 つの例外があります。それは、熱湯の代わりに繊細な蒸しを行うことです。これらの区別には、一杯ごとに本来の風味を引き出すためにわずかに異なるお湯の温度と抽出時間が必要になります。このため、お茶の種類が異なると、淹れた後にお茶に含まれるカフェインのレベルも異なります。

お茶を淹れるのに使用するお湯が熱いほど、また蒸らし時間がかかるほど、カフェイン含有量が高くなります。このため、最高温度で最も長く浸す紅茶には、他のお茶よりも多くのカフェインが含まれています。ウーロン茶、緑茶、白茶は、高い湯温で長く蒸らしたお茶よりもカフェイン量がわずかに少なくなります。ハーブティーにはカフェインが含まれていないため、多くの場合「カフェインフリー」と表示されます。そこで、「ハーブティーにはカフェインが含まれているの?」と疑問に思っている方へ。答えは「一般的に言えば、ノー」です。

一部のハーブティーには、カカオ殻やマテ茶など、天然にカフェインを含む成分が含まれている場合があります。これらの成分を含むティーフォルテのハーブティーはほんの一握りで、これらのお茶1 杯あたりのカフェイン含有量は非常に低いです。お好みのブレンドのカフェイン量を確認するには、リーフティーキャニスターの側面を確認するか、または当ウエブサイトでお茶の詳細ページにアクセスしてください。ティーフォルテのティーブレンドのページとリーフティーキャニスターには、1杯あたりのカフェイン量が記載されています。


A steaming cup of tea with a book, blanket and lit candle by a window

寒い日の安らぐ一杯


お茶全体のカフェイン含有量

 

具体的には、紅茶と烏龍茶には約50mgのカフェインが含まれている可能性があり、これは淹れたてのコーヒー1杯のカフェイン含有量の約半分です。通常、緑茶には30~50mg、白茶には20mg程度含まれています。エネルギーブーストを好むお茶愛好家にとって、抹茶は素晴らしい選択肢です。抹茶は緑茶の葉を丸ごと粉砕して栄養豊富な粉末にしており、1回分240mlあたり70mgものカフェインを摂取できます。専門家は、ほとんどの人にとって1日あたり最大400mgのカフェイン摂取は許容できるとしているため、お茶好きの人は、過剰摂取を恐れることなく、毎日何杯も心地よいドリンクを楽しむことができます。

緑茶と抹茶のもう 1 つの利点は、脳のドーパミンレベルを一時的に上昇させ、カフェインを抑えることで知られる健康的なアミノ酸である L-テアニンを高レベルで含んでいることです。だからこそ、淹れたての緑茶や抹茶​​ベースの飲み物は、コーヒーの摂取に伴うイライラを感じることなく、穏やかにエネルギーを高めてくれるのです。

Pouring hot water into a glass cup of black loose leaf tea

カップに浸したリーフティーの紅茶


カフェインフリー VS.デカフェティー

カフェインフリーとデカフェという用語の間には若干の違いがあります。一般的な意見に反して、それらは異なる意味を持っています。飲料がカフェインフリーであるためには、カフェインが含まれていない必要があります。飲料からカフェインが除去されるには、カフェイン含有量が最小限に抑えられている必要があります。

したがって、ハーブティーは、素材となる葉、根、果物、スパイスにカフェインが含まれていないため、お茶自体にカフェインが含まれていないと考えられています。他のすべての形式のカフェイン抜きのお茶 (紅茶、緑茶、白茶、烏龍茶) は、水、二酸化炭素、または有機溶媒を用いた製造プロセスを通じてカフェインを除去できます。微量のカフェインが残留する可能性がありますが、カフェインを摂取するほとんどの人に影響を与えるほどではありません。


Indonesian tea gardens at sunrise in the morning mist

朝日を浴びるインドネシアの茶園


カフェインレスおよびカフェインフリーのハーブブレンドを含む、幅広いセレクションを探索して、ティーフォルテの厳選された紅茶を愉しんでください。

コメント

コメントは公開する前に承認する必要があることに注意してください

お客様の買い物かご