公式サイトが新しくなりました
メニューを閉じる

大きな議論:コーヒーVSお茶

6 MIN READ
|

何百人もの人々は毎朝の儀式として、コーヒーか紅茶を口にします。多くが一日の間にどちらかの飲み物を消費しています。同時に、多くがどちらか一方に固執しています。あまりにも広く大勢に愛されているコーヒーと紅茶(お茶)において、その健康面について比較を試みます。これまでの固定概念を捨てて、より健康的なメリットを提供するのは果たして紅茶なのか?コーヒーなのか?様々な研究文献を紐解き検証していきます。

 

 

カフェインに関する問い

コーヒーには、お茶よりも多くのカフェインが含まれていると仮定するのは当たり前のように思えるかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。問題の核心をつかむには、コーヒーとエスプレッソは2つの異なるものであり、お茶には紅茶、緑茶、白茶、烏龍茶、ハーブティーの大きな5つジャンルがあることを理解しておくことが大切です。つまり、本質的には、2種類の飲み物ではなく、7種類の質問です。

お茶の種類ごとにわずかに異なる醸造温度と急な時間が必要なため、カフェインの含有量はスペクトル全体で異なる傾向があり、水温が高く、スティープが長いほど、より高いレベルの天然刺激物が得られます。 黒茶とウーロン茶のブレンドは、最も長い急な時間と最も熱い水を必要とし、8オンスのサービングあたり平均約50mgのカフェインです。 淹れたての緑茶にはカフェインが30〜50mg、白茶には20mg程度含まれている傾向があります。 厄介なことに、抹茶は、葉全体をすりつぶして栄養素を詰めた粉末にした別の形の緑茶で、小さじ1杯あたり70mgのカフェインを提供します。浸す必要はありません。

 

朝はコーヒーで始める人もいれば、上のモカチーノの場合はカプチーノにチョコレートを入れる人もいます。 泡立つモカが好きなチョコレート好きにぴったりです。

 

一方、一杯のコーヒーに含まれるカフェインの量は、使用する豆、醸造時間の長さ、およびサービングのサイズによって大きく異なります。 8オンスの小さなコーヒーを1杯飲む人はほとんどいません。実際、米国で最も人気のあるコーヒーショップチェーンで販売されている最小サイズはトールと呼ばれ、12オンスが含まれています。 特製のミディアムローストコーヒーには235mgのカフェインが含まれています。これは1日の推奨摂取量である400mgの半分以上です。エスプレッソのシングルショットには75mgが含まれています。

だから、インスタントエネルギーの大騒ぎをしたい人にとっては、強く淹れたコーヒーが明らかに勝者です。 たった2、3ショットで適度な量のカフェインが欲しい人には、エスプレッソまたは抹茶が正しい選択かもしれません。 しかし、一日中何度も楽しむことができるより段階的なブーストを好む人にとっては、お茶が一番上に出てきます。

 

コーヒーラテの代わりに、人気のティーラテであるロンドンフォグの作り方を学びましょう。

 

緑茶 VS コーヒー

多くの人がカフェインの山盛りの助けを借りて朝に行くことを誓いますが、それは欠点がないわけではありません。 多くの人にとって、カフェインのざわめきの衝撃は、精神的、肉体的、またはその両方のぎくしゃくした感覚を伴う場合があります。 カフェインを過剰に摂取すると、短期的には軽度の震えが起こり、心拍数、不安神経症、さらには時間の経過とともに不整脈が増加する可能性があります。 しかし、副作用のない豊富なカフェインを楽しみたい人のために、抹茶にはカフェインの負の副作用を抑えるアミノ酸が含まれています。

L-テアニンと呼ばれるこのカフェインは、カフェインのエネルギッシュなブーストを取り除き、落ち着いた集中力と透明感をもたらします。 お湯で作ったシンプルなショットからクリーミーな緑茶ラテ、フラッペ、スムージーまで、あらゆるものに使用されているこのパワーパックされたパウダーは、他のどのお茶よりも優れた健康的な抗酸化物質を豊富に提供します...コーヒーやエスプレッソよりも優れています 。

抗酸化物質 お茶 VS コーヒー

一般的な抗酸化物質に関しては、コーヒーと紅茶双方にしっかりと含まれています。しかし、カフェインと同様に、多くの要因によって一杯に含まれる抗酸化物質の含有量を変える可能性があります。お茶においては、茶葉の扱いにより変わります。紅茶、烏龍茶、緑茶は白茶やハーブティーよりも抗酸化物質の含有レベルが高いことが知られています。抹茶の抗酸化物質の含有レベルはさらに高くなります。これは、粉末状にした茶葉そのものを摂取するためです。

コーヒーとエスプレッソに関しては、高地で栽培された豆から作られたダークロースト(トルコやギリシャのコーヒーなど)は、低地で栽培された軽いローストよりも抗酸化効果が高い傾向があります。 したがって、ここでは明確な答えはありません。豆や葉の加工や状態によって抗酸化物質の含有量が異なる傾向がるためです。

 

コーヒーの健康上の利点とお茶

抗酸化物質には健康上の利点があり、お茶やコーヒーのほぼすべてが、それぞれメリットを提供します。テレグラフによると、コーヒーは消化器の健康維持に有益ですが、お茶は骨の健康改善、コレステロール値の抑制、体重を維持減少、不安感の軽減、心臓の健康促進においてより有益です。 メリカ心臓協会のジャーナル「Circulation」が発表した研究によると、冠状動脈に問題のある人は、紅茶を4週間飲んだだけで循環が改善したことがわかりました。

そして、夜に摂取する飲み物に関しては、カモミールやラベンダーのような睡眠に優しい花やハーブを含むハーブティーがもたらす鎮静効果に匹敵するものはありません。より良い休息は、深い睡眠による回復力のおかげでより良い健康につながります。 時間の経過とともにストレスが軽減すると、心臓と免疫システムが健康になります。そのため、毎日コーヒーを飲んだとしても、夜はハーブティーで気持ちを落ち着かせ、ぐっすりと眠り、翌朝にフレッシュなスタートが切れるようにしてみてください。

 

ハーバルリトリートコレクション:自然にカフェインを含まないハーブの注入で心をリラックスさせ、精神を落ち着かせて、回復的な落ち着きと安らぎが見られる場所にリトリートします。

 

きっとあなたの好みに合う一杯をティーフォルテは提供することができます。 繊細なハーブティーから深みのある濃厚な紅茶まで、コーヒーとお茶の愛好家にぴったりのティーを探索してください。

コメント

コメントは公開する前に承認する必要があることに注意してください

お客様の買い物かご