会員登録で50pt。リワードプログラム詳細はページ最下部に
メニューを閉じる

ルイボスティーの全て

お茶の種類
|

南アフリカの西ケープ州を起源とするルイボスティーは、同じルイボスという名前の植物から作られる、とても飲みやすいハーブティーです。現地の言葉であるルイボスティーまたはルイボシュティーは「赤いブッシュティー」を意味し、イギリスでは一般に「ブッシュティー」として知られます。カフェインを含まない自然なお茶が得られます。

蜂蜜のような風味と渋みのなさのおかげで、甘味をほとんど加える必要がなく、さわやかなアイスティーとしても、心地よい温かい飲み物としても人気です。

 

ルイボスティーの歴史

何世紀にもわたって、ルイボス ティーは南アフリカの人々だけが知っている地元の飲み物でした。セダーバーグとして知られる山岳地帯で栽培されていた茶葉は、袋に丸められ、ロバによって山腹まで運ばれました。その後、葉を斧で切り、金属の道具で傷をつけ、天日で乾燥させました。

Cederberg mountain range in South Africa
               南アフリカのセダーバーグ山脈

19世紀が近づくと、ルイボス ティーはこの地域に定住したオランダ帝国主義者の間で人気が高まりましたが、栽培して商業化できた人は誰もいませんでした。 1903年に近くのオリファンツリバーバレーの医師がルイボスの栽培実験を始めて初めて、このお茶がより広く楽しまれる可能性があることが示され始めました。南アフリカの医師であり自然保護活動家であるピーター・ル・フラス・ノルティエ博士は、自由時間を農業実験に費やし、ルイボスの発芽、成長、収穫を促進する方法を発見しました。

彼の画期的な研究は地元経済を刺激し、この飲み物を全国的な、そして後には世界的な飲み物にしました。 10年以内に、ルイボスの種子は世界で最も高価で人気のある野菜の種子となり、それ以来、ノルティエ博士はルイボスティーの父として知られるようになりました。

現在、この地域における気候変動の影響により、一部の園芸家や気候科学者は、21世紀以降のルイボスティーの将来について懸念を抱いています。一方で、飲む人に穏やかな幸福感を与える愛される飲み物です。

 

ルイボスティーの健康における利点

一般的にハーブティーにはカフェインは含まれず、ルイボスも例外ではありません。このため、カフェインに敏感で心拍数、血圧、情緒の安定が影響を受ける人にとって、ルイボスは賢明で美味しい選択肢です。同様に、カフェインには利尿作用があるため、刺激物を含まないすべてのハーブ飲料は、コーヒーやカフェイン入りのお茶よりも純粋な水分補給源として優れています。

A misty spa outdoors

               落ち着きを与えてくれるルイボスティー

ルイボスティーの健康における利点はたくさんありますが、その中でも特に抗酸化作用が挙げられます。ルイボスに関する広範な研究により、肝臓の酸化ストレスを修復する能力から、糖尿病の発症と進行を予防する可能性まで、さまざまな利点があることが示されています。多くのハーブティーに含まれる「ポリフェノール」として知られる特定の種類の抗酸化物質は、さまざまな方法で人体に有益であると多くの研究者によって考えられており、最も顕著なのは、一般に「老化」と呼ばれる酸化プロセスの兆候を遅らせることです。

 

美味しいルイボスティーの淹れ方

他のハーブティーと同様に、ルイボスティーは100℃に加熱した水を使用して準備する必要があります。

 

  1. 水を沸騰させます。
  2. ティーフォルテのピラミッド型ティーインフューザー 1つに対して 240mlのお湯を注ぎます (または、ステンレス製茶漉しに大さじ 1 杯の茶葉を入れます。
  3. 約5分以上浸してください。紅茶葉とは異なり、ルイボスティーは長く浸しても苦くなりません。
  4. エンジョイ!

コメント

コメントは公開する前に承認する必要があることに注意してください

お客様の買い物かご