サイトリニューアル  NEW2022
メニューを閉じる

ボンベイチャイ

紅茶

伝統的な温まるスパイスをブレンド

USDAオーガニック | コーシャ認定

テイスティングノート
風味:大胆、濃厚、目が覚める
アロマ:リッチ、強い、スパイシー
水色:エボニー

より詳しい情報は下部に記載
ALL ABOUT

ボンベイチャイティー

ボンベイチャイティーについて

お茶の種類:紅茶

このティーフォルテ チャイ ティーのベースは、南インドのニルギリ地方の紅茶葉です。ニルギリは「青い丘」を意味します。ニルギリ地方 には多くの滝、花々、高くそびえる山々が見られ、8,652 フィートの標高にある最も高いドッダベッタもニルギリ地域内に位置します。ニルギリヒルズは、インドにある生物保護区の一部であるニルギリ保護区にあります。

チャイは多くの言語でお茶を意味し、広東語の「チャ」に由来すると考えられています (ペルシャ語、ヒンディー語、韓国語、ロシア語、マンダリン、スワヒリ語など)。西洋では、チャイティーはインドで朝から晩まで楽しまれ、風味豊かでスパイスの効いた紅茶と捉えられています。伝統的に全乳と砂糖も一緒に沸騰させて淹れる、とても個性の強い紅茶です。

ジンジャー、シナモン、カルダモン、クローブ、スターアニス、ブラックペッパーなどの素晴らしく繊細なマリアージュによって、ティーフォルテのチャイティーに際立った特徴を与えています。この紅茶は「とても寛容な紅茶」として知られいます。なぜなら、濃くなり過ぎるということがほぼ不可能だからです。ボンベイ チャイは、伝統的なインドのマサラ チャイに含まれるスパイスと紅茶葉を組み合わせたものです。チャイのレシピは非常に幅広く存在します。さまざまなスパイス、砂糖、ミルクの量や種類を用います。ただし、どのレシピにも共通するのは、いずれも薄められ甘いということです。

「チャイ」は英語でほぼすべてのスパイスティーまたはティーラテを指すために用いられますが、実際にはインド、イラン、タイなどではお茶の総称です。また、日本語でお茶を意味する「茶」と非常によく似ています。

ボンベイ チャイと一緒に味わうには、ミルクとハチミツを一緒に入れることをお勧めします。よりリッチでミルキーに仕上げるには、牛乳を加える前に加熱し、水 2 に対して牛乳 1 を使用します。このように淹れられたチャイは、特に冬の朝食に最適です。

チャイについてもっと知る:

お茶の作り方

1. 茶器を事前に温めておきます。

2. 汲みたての水道水でお湯を沸騰させます。

3. 茶葉をカップに入れ、100℃のお湯を茶葉にあたるように注ぎます。

4. 湯量220mlの場合、3~4分間蒸らします。

5. エンジョイ!

リーフティーでアイスティーを作る場合、220mlのお湯にティースプーン2杯分の茶葉を入れ、2倍の蒸らし時間です。

テイスティングノート

風味:大胆、濃厚、目が覚める

アロマ:リッチ、強い、スパイシー

水色:エボニー

原材料
  • 有機紅茶葉
  • 有機生姜
  • 有機シナモン
  • 有機カルダモン
  • 天然香料
  • 有機クローブ
  • 有機スターアニス
  • 有機胡椒
カフェイン含有量(mg)

レビュー

お客様

お客様の買い物かご